製菓
| Nishikawa

—普段どのような仕事をしていますか?

Nishikawaさん | お菓子の製造をしています。生地の仕込みをしたり形を整えたり、焼き菓子ならオーブンに入れて焼き上げるまでを担っています。

—どんなときにやりがいを感じますか?

Nishikawaさん | 自分が手がけたお菓子をお客様に買って食べていただき、「美味しい」と言っていただけると嬉しいです。また試作したものが社内で好評だとモチベーションにつながります。

—マルシンの魅力は?

Nishikawaさん | 私の所属している製菓チームでは、社員同士密にコミュニケーションをとりながら協力して仕事をしています。
また試作ひとつとっても、自分たちが自信をもってお客様にお届けできるものが完成するまで徹底して追求します。チームの連携がとれていることと、菓子作りに妥協しないことが強みです。

—製菓にはどのような人が向いていますか?

Nishikawaさん | 入社時点での菓子作りの技術は重要ではありません。技術はあとからついてきます。それよりも、お菓子が好きで向上心があることのほうがずっと大切です。
菓子作りは、一見華やかに見えますが地味な作業が多いのも事実。チームワークのなかで、楽しみながらお菓子と向き合える人が向いていると思います。